蒙古斑とは

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 蒙古斑の基礎知識

赤ちゃんの背中やお尻がよく青くなってあざのようになっていますが、これは母斑(ぼはん、と読みます)のひとつで蒙古斑といいます。

スポンサーリンク

世間でよく知られている母斑はほくろなどがありますが、蒙古斑は先天的に発生するもので、お尻や背中だけでなく、腰や脇腹、肩などに現れる事もあります。
蒙古斑はシミなどのもとになる細胞の一種が、皮膚の奥に残ってしまうことが原因と言われていますが、実に黄色人種の9割以上に現れるとされており、白色人種でも1割程度見られます。

a0960_005617


日本人の赤ちゃんでは、よく見かけるごく一般的な蒙古斑ですが、海外では人種によって現れない場合もあり、あまり蒙古斑について知識が豊富でない医療関係者が、虐待によるあざと勘違いする場合もあります。
蒙古斑は赤ちゃんの身体の一ヶ所に大きく現れるケースか、いくつかに分散して現れるケースがあり、特に男女による差は見られず、男の子も女の子も同じように現れます。

一般的に、赤ちゃんのお尻や背中にある蒙古斑は、成長と共に形や色が変化し、2歳ぐらいまでに徐々に青色が濃くなります。
それ以降はだんだん薄くなり5,6歳で半分程度と小さくなり、10歳ぐらいでほとんどが消えて無くなるといわれています。
ただし、お尻や背中以外にある蒙古斑は、やや色が濃く消えにくくなって、13~14歳ぐらいまで残る可能性があります。
また、場合によっては、成人しても残っているケースもあり、誰にも相談できずに悩んでいる人もおられます。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

a0960_005607

異所性蒙古斑とは

赤ちゃんのお尻や背中によくある青あざを蒙古斑と呼ぶのに対して、身体のそれ以外の手や足、顔などにある青

記事を読む

a0790_001180

黒いあざは悪性?

母斑といわれるあざには、蒙古斑などの青あざや正中部母斑などの赤あざだけでなく黒い色のあざもあり、赤あ

記事を読む

a0960_005606

大人になっても残ることがある

通常の蒙古斑は、成人するまでに小さくなったり薄くなったりして目立たなくなり、ほとんどが消えてしまうの

記事を読む

a0070_000142

茶色や白のあざもある

母斑には、青いあざ、赤いあざ、黒いあざの他に、茶色のあざもあります。 茶色のあざは他の色のあざ

記事を読む

a0790_001190

赤色のあざ

あざやほくろなど、皮膚が部分的に形や色が異なることを、総じて母斑といい、蒙古斑も母斑のひとつです。

記事を読む

  • 【関連サイト】
a0960_005687
電気凝固療法

蒙古斑などの皮膚の病気には、レーザー治療や凍結療法の他に、電気を用いた

a0960_005690
凍結療法

蒙古斑などの治療には切り取って縫い合わせる方法とレーザー治療といった治

a0960_005691
治療後の症状

異所性蒙古斑などをレーザーで治療する場合は、レーザーをあてる箇所に麻酔

a0960_005695
治療後の注意点

レーザー治療とは、端的にいうと皮膚細胞の色素をレーザー光で焼き付けるこ

a1380_001630
レーザー治療するにあたって

レーザー治療の技術的な進歩と機器の発展により、今まで治療する事が困難だ

a1520_000048
レーザー光線での蒙古斑治療

蒙古斑などの母斑が成人しても消えない場合、最近はレーザー治療が行われる

a1840_000028
医師とのコミュニケーションを充分に

異所性蒙古斑などでなんらかの治療を受ける以上は、治療の成功を願うのは当

a1840_000033
治療方法の紹介

蒙古斑を含む母斑の治療は、一般的にはいくつかの治療方法があります。

a0027_002902
形成外科や美容整形で

異所性蒙古斑は通常の蒙古斑と違い、成長と共に消えることは難しいといわれ

a0070_000141
蒙古斑を治療するのか様子を見るのか

成人して異所性蒙古斑などが消えない場合はレーザー治療など自分の意思で治

→もっと見る

PAGE TOP ↑