治療後の症状

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 蒙古斑のレーザー治療

異所性蒙古斑などをレーザーで治療する場合は、レーザーをあてる箇所に麻酔クリームを塗ることがあります。

スポンサーリンク

クリニックによっては注射による局所麻酔を行うこともあり、麻酔クリームで充分痛みを和らげることが出来ない場合は注射を追加するケースもあります。

a0960_005691

また、レーザー治療直後は蒙古斑の患部にびらん水ぶくれなどが出る場合もあり、はれやむくみも出てきやすくなります。
治療する蒙古斑の場所によっては内出血がおこり、おさまるまでにしばらく日数を要します。

その他にも治療箇所の蒙古斑の色が濃くなったり、薄くなったり色素が不安定になりがちです。


色が濃くなるのはもともと治療箇所の色が黒い人などに起こりやすく、レーザー治療あとが一旦しみのようになるせいだと言われています。
しかし、治療を重ねたり日にちが経過することによって、蒙古斑は次第に正常な色素に戻り目立たなくなっていきます。

また、レーザー治療の途中で異所性蒙古斑などの患部がぶち模様やまだら状になることもありますが、治療が進んだりして日数がたつと色素も安定し医師の思う患部の状態になります。

レーザー治療途中においても、そのようなことがあれば遠慮なく医師やスタッフに状況を確認する事で、安心感が得られるはずです。
しかし、残念ながら一度治療すれば同じような異所性蒙古斑などがまったくあらわれない、とは限りません。
どの程度再発性があるのか詳細なデータはありませんが、100%再発がないとは言えないのが現状です。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

a1380_001630

レーザー治療するにあたって

レーザー治療の技術的な進歩と機器の発展により、今まで治療する事が困難だと言われていた皮膚疾患を治療す

記事を読む

a0960_005695

治療後の注意点

レーザー治療とは、端的にいうと皮膚細胞の色素をレーザー光で焼き付けることになります。 焼き付ける事

記事を読む

a1520_000048

レーザー光線での蒙古斑治療

蒙古斑などの母斑が成人しても消えない場合、最近はレーザー治療が行われる事が多くなってきました。

記事を読む

前記事
治療後の注意点
次記事
凍結療法
  • 【関連サイト】
a0960_005687
電気凝固療法

蒙古斑などの皮膚の病気には、レーザー治療や凍結療法の他に、電気を用いた

a0960_005690
凍結療法

蒙古斑などの治療には切り取って縫い合わせる方法とレーザー治療といった治

a0960_005691
治療後の症状

異所性蒙古斑などをレーザーで治療する場合は、レーザーをあてる箇所に麻酔

a0960_005695
治療後の注意点

レーザー治療とは、端的にいうと皮膚細胞の色素をレーザー光で焼き付けるこ

a1380_001630
レーザー治療するにあたって

レーザー治療の技術的な進歩と機器の発展により、今まで治療する事が困難だ

a1520_000048
レーザー光線での蒙古斑治療

蒙古斑などの母斑が成人しても消えない場合、最近はレーザー治療が行われる

a1840_000028
医師とのコミュニケーションを充分に

異所性蒙古斑などでなんらかの治療を受ける以上は、治療の成功を願うのは当

a1840_000033
治療方法の紹介

蒙古斑を含む母斑の治療は、一般的にはいくつかの治療方法があります。

a0027_002902
形成外科や美容整形で

異所性蒙古斑は通常の蒙古斑と違い、成長と共に消えることは難しいといわれ

a0070_000141
蒙古斑を治療するのか様子を見るのか

成人して異所性蒙古斑などが消えない場合はレーザー治療など自分の意思で治

→もっと見る

PAGE TOP ↑