治療後の注意点

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 蒙古斑のレーザー治療

レーザー治療とは、端的にいうと皮膚細胞の色素をレーザー光で焼き付けることになります。
焼き付ける事により、既存の色素だけでなく新た生まれる色素にまで、ダメージを与えるといわれています。

スポンサーリンク

そのため、治療をしたからといってすぐに異所性蒙古斑などが消えてしまうわけではありません。

また、レーザー治療のため、皮膚が軽いやけどの症状になることは避けられません。
通常、レーザー治療の後には、軟膏などのやけどの治療薬を塗る必要があります。
それにより、表皮を再生するわけですが、治療あとがかゆくなることもあります。
しかし、かゆみを我慢せずにかきむしったりすると、折角再生した表皮が破れてしまうだけでなく、傷あととして残る可能性があります。

a0960_005695


かゆみを我慢するだけでなく、包帯などで無意識にかきむしる事がないよう気をつけなければなりません。
ただし、あまり包帯を巻き過ぎたりテープなど張りすぎたりすると、余計にかゆみを激しくしたりかぶれたりすることもあるので程よく巻くようにしましょう。

表皮が完全に再生するまでは、日焼けなどはできるだけ避けましょう。
日焼けサロンなどもってのほかです。
レーザー治療によって色素が減ったのに、日に焼けたりすると色素が沈着したりすることになります。
日に直接当てないようにしたり日焼けクリームを塗ったりして、出来るだけ紫外線に触れないようにしたほうがよいでしょう。
晴天の日などは外出を控えることも必要かもしれませんが、案外曇っている日でも紫外線は多いので気をつける必要があります。

レーザー治療後は、これらのことにも気をつけると比較的短期間で治療の効果があらわれやすくなります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

a1380_001630

レーザー治療するにあたって

レーザー治療の技術的な進歩と機器の発展により、今まで治療する事が困難だと言われていた皮膚疾患を治療す

記事を読む

a1520_000048

レーザー光線での蒙古斑治療

蒙古斑などの母斑が成人しても消えない場合、最近はレーザー治療が行われる事が多くなってきました。

記事を読む

a0960_005691

治療後の症状

異所性蒙古斑などをレーザーで治療する場合は、レーザーをあてる箇所に麻酔クリームを塗ることがあります。

記事を読む

  • 【関連サイト】
a0960_005687
電気凝固療法

蒙古斑などの皮膚の病気には、レーザー治療や凍結療法の他に、電気を用いた

a0960_005690
凍結療法

蒙古斑などの治療には切り取って縫い合わせる方法とレーザー治療といった治

a0960_005691
治療後の症状

異所性蒙古斑などをレーザーで治療する場合は、レーザーをあてる箇所に麻酔

a0960_005695
治療後の注意点

レーザー治療とは、端的にいうと皮膚細胞の色素をレーザー光で焼き付けるこ

a1380_001630
レーザー治療するにあたって

レーザー治療の技術的な進歩と機器の発展により、今まで治療する事が困難だ

a1520_000048
レーザー光線での蒙古斑治療

蒙古斑などの母斑が成人しても消えない場合、最近はレーザー治療が行われる

a1840_000028
医師とのコミュニケーションを充分に

異所性蒙古斑などでなんらかの治療を受ける以上は、治療の成功を願うのは当

a1840_000033
治療方法の紹介

蒙古斑を含む母斑の治療は、一般的にはいくつかの治療方法があります。

a0027_002902
形成外科や美容整形で

異所性蒙古斑は通常の蒙古斑と違い、成長と共に消えることは難しいといわれ

a0070_000141
蒙古斑を治療するのか様子を見るのか

成人して異所性蒙古斑などが消えない場合はレーザー治療など自分の意思で治

→もっと見る

PAGE TOP ↑