電気凝固療法

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 レーザー以外の蒙古斑治療

蒙古斑などの皮膚の病気には、レーザー治療や凍結療法の他に、電気を用いた電気凝固療法も行われています。

スポンサーリンク

電気凝固療法は主に大きなほくろなどが盛り上がっている時などによく行われる治療法ですが、蒙古斑の治療などにも用いられるようになってきました。
電気凝固療法とは具体的には専用の機器の金属の先の部分に電流を流して、局所麻酔した蒙古斑などの患部を取り除く治療方法です。
患部を電気的に除去していくため、治療あとは凝固するのでほとんど出血はないといわれています。

a0960_005687

電気凝固療法は治療時間も比較的短い時間で終了しますが、電気的に焼き取ることになるので、治療時の蒙古斑の患部はやけどのようにただれた状態になります。


そのため患部が治る為にはある程度の日数が必要で数日~2週間程度かかる場合もありますが、一般的に治療あとが残りづらいといわれています。

このように電気凝固療法は蒙古斑などの治療によく行われていますが、治療の際には少々痛みを伴います。
治療回数についても、他の凍結療法やレーザー療法と同じように数回行われる場合がほとんどです。
しかし、電気凝固療法を行っても場合によっては症状が再発したり、治療した箇所が傷跡として残るケースもまれにあります。

蒙古斑などの皮膚の疾病には、通常レーザー療法や凍結療法、電気凝固療法がそれぞれ単独で行われますが、テスト治療やそれぞれの治療経過にによっては併用で治療する場合もあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

a0960_005690

凍結療法

蒙古斑などの治療には切り取って縫い合わせる方法とレーザー治療といった治療方法の他に、凍結療法というの

記事を読む

前記事
凍結療法
  • 【関連サイト】
a0960_005687
電気凝固療法

蒙古斑などの皮膚の病気には、レーザー治療や凍結療法の他に、電気を用いた

a0960_005690
凍結療法

蒙古斑などの治療には切り取って縫い合わせる方法とレーザー治療といった治

a0960_005691
治療後の症状

異所性蒙古斑などをレーザーで治療する場合は、レーザーをあてる箇所に麻酔

a0960_005695
治療後の注意点

レーザー治療とは、端的にいうと皮膚細胞の色素をレーザー光で焼き付けるこ

a1380_001630
レーザー治療するにあたって

レーザー治療の技術的な進歩と機器の発展により、今まで治療する事が困難だ

a1520_000048
レーザー光線での蒙古斑治療

蒙古斑などの母斑が成人しても消えない場合、最近はレーザー治療が行われる

a1840_000028
医師とのコミュニケーションを充分に

異所性蒙古斑などでなんらかの治療を受ける以上は、治療の成功を願うのは当

a1840_000033
治療方法の紹介

蒙古斑を含む母斑の治療は、一般的にはいくつかの治療方法があります。

a0027_002902
形成外科や美容整形で

異所性蒙古斑は通常の蒙古斑と違い、成長と共に消えることは難しいといわれ

a0070_000141
蒙古斑を治療するのか様子を見るのか

成人して異所性蒙古斑などが消えない場合はレーザー治療など自分の意思で治

→もっと見る

PAGE TOP ↑