治療方法の紹介

公開日: : 最終更新日:2014/05/27 蒙古斑の治療

蒙古斑を含む母斑治療は、一般的にはいくつかの治療方法があります。

ひとつめは、蒙古斑の症状のある皮膚を部分的に切り取ってしまう方法です。

スポンサーリンク

切り取ることにより母斑(蒙古斑)自体はなくなりますが、切り取ったことによる皮膚の修復は通常「縫縮」といって切り取っていない皮膚を縫い縮める方法が行われます。
切り取った蒙古斑のまわりの皮膚を縫い縮めるわけですから、まわりの皮膚につまめるぐらいの余裕が必要になります。

a1840_000033

お腹など比較的皮膚に余裕がある場合は容易に修復できますが、頭などのあまり皮膚に余裕がない場合は蒙古斑の切除を何回かにわけて行ったり、他の場所の皮膚を移植したりします。
まわりの皮膚を縫い合わせるよりも、皮膚を蒙古斑に移植する方が治療跡が残らずきれいになるような気がしますが、実際は移植する方がかえって目立ってしまう場合もあります。


ふたつめは、レーザーなどで蒙古斑を削り取る方法です。
蒙古斑の症状のある部分だけを治療するので、まわりの皮膚などを傷つける心配はありません。
ただ、レーザーによる蒙古斑の治療方法がほぼ確立されていてまわりの肌などに影響を与えることはないといわれていますが、治療跡が傷あととして残るケースがあることも否定できません。
また、治療してすぐに母斑がなくなるわけではなく徐々に効果があらわれる場合もありますし、母斑が再発する可能性もゼロではありません。

他の治療方法として、液体窒素を使って母斑(蒙古斑)を凍結する方法や電気的に母斑を凝固させて削り取る方法などもあります。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

関連記事

a0070_000141

蒙古斑を治療するのか様子を見るのか

成人して異所性蒙古斑などが消えない場合はレーザー治療など自分の意思で治療を選択することができますが、

記事を読む

a1840_000028

医師とのコミュニケーションを充分に

異所性蒙古斑などでなんらかの治療を受ける以上は、治療の成功を願うのは当たり前で、お医者さんを頼りにし

記事を読む

a0027_002902

形成外科や美容整形で

異所性蒙古斑は通常の蒙古斑と違い、成長と共に消えることは難しいといわれています。 また通常の蒙古斑

記事を読む

  • 【関連サイト】
a0960_005687
電気凝固療法

蒙古斑などの皮膚の病気には、レーザー治療や凍結療法の他に、電気を用いた

a0960_005690
凍結療法

蒙古斑などの治療には切り取って縫い合わせる方法とレーザー治療といった治

a0960_005691
治療後の症状

異所性蒙古斑などをレーザーで治療する場合は、レーザーをあてる箇所に麻酔

a0960_005695
治療後の注意点

レーザー治療とは、端的にいうと皮膚細胞の色素をレーザー光で焼き付けるこ

a1380_001630
レーザー治療するにあたって

レーザー治療の技術的な進歩と機器の発展により、今まで治療する事が困難だ

a1520_000048
レーザー光線での蒙古斑治療

蒙古斑などの母斑が成人しても消えない場合、最近はレーザー治療が行われる

a1840_000028
医師とのコミュニケーションを充分に

異所性蒙古斑などでなんらかの治療を受ける以上は、治療の成功を願うのは当

a1840_000033
治療方法の紹介

蒙古斑を含む母斑の治療は、一般的にはいくつかの治療方法があります。

a0027_002902
形成外科や美容整形で

異所性蒙古斑は通常の蒙古斑と違い、成長と共に消えることは難しいといわれ

a0070_000141
蒙古斑を治療するのか様子を見るのか

成人して異所性蒙古斑などが消えない場合はレーザー治療など自分の意思で治

→もっと見る

PAGE TOP ↑